ぼくは航空管制官4 中部国際空港(セントレア) 攻略サイト

※平成30年8月26日に情報を追記して更新しました。

当サイトに初めてお越しいただいた方、はじめまして。

この記事は公開から数万人以上の方に読まれており、「ぼくは航空管制官4」に関する非常に重要な情報を記載しています。

攻略方法に付きましては、完全にネタバレしていますので、自分なりに色々試してみて、困ったら参考にして下さい。

 

セントレアの公式サイトはこちら

テクノブレイン社の公式サイトはこちら

FLIGHT OF DREAMSの公式サイトはこちら




中部国際空港(セントレア)概要

中部国際空港は、2005年に開港した、愛知県常滑市にある24時間運用可能な国際空港です。愛称は「セントレア」。

3500m(RWY18/36)の滑走路を1本を有し、年間の発着回数は2018年4月現在で約10万回です。

JALやANA、ジェットスター・ジャパンや、エアアジア・ジャパンを始め、アジアの航空会社が就航していることが特徴です。

セントレアは日本の数ある空港でも、広報関係に力を入れていることで有名で、珍しい機体が飛来する際は、SNSでお知らせしてくれることもあります。

毎年行われる「セントレアフォトコンテスト」では、入賞作品が空港内に展示され、入選しようと沢山のファンがセントレア周辺で作品作りを行っています。

 

セントレアはLCCの誘致にも力を入れています。

LCCの活用方法を詳しくまとめたHPがありますので、セントレアを利用される方は是非ご覧になって下さい。

セントレア、LCCはじめました。

IATAコード→NGO ICAOコード→RJGG




747-400LCF型(ドリームリフター)

セントレアは、B747を改修した特別輸送機、「ドリームリフター」が飛来することでも有名です。

愛知県では、B787型を構成する部品を製造しており、この部品をボーイング社の最終組立工場に輸送するために、月に数回「ドリームリフター」が飛来します。運が良いと、同時に2機の「ドリームリフター」が飛来することもあります。

2015年には、B787シリーズの初号機の機体番号「ZA001号機」がボーイング社から寄贈され、中部国際空港に到着し、しばらくの間空港内に駐機されていました。

この機体は、「FLIGHT OF DREAMS」という博物館で展示される予定です。




製品情報

製品名:ぼくは航空管制官4 セントレア

発売日:2018年6月28日(予定)

価格:9,200円+税

パッケージ内容:DVD-ROM、取扱説明書、エアポートガイド、シリアルナンバーカード

動作環境

OS:64ビット Windows 7 / 8 / 8.1 / 10(日本語版)※Windows RT版を除く

ビデオメモリ:1GB以上

CPU定格:2.4GHz以上(Core i シリーズ以上)

サウンド:DirectXサウンド対応のもの

メモリ:8GB以上

ドライブ:DVDドライブ

ハードディスクの空き容量:6GB以上

ディスプレイ:1366×768以上

グラフィック:DirectX9以降に対応したもの

入力装置:マウス、キーボード

インターネット :常時接続可能なインターネット環境(インストール時には、ユーザ登録が必須)




今作の特徴

・日本ではセントレアでしか見ることができない「ドリームリフター」(747-400LCF)が、ゲーム内が前作に続いて登場します。

・セントレアで大人気の「滑走路見学ツアー」を、再現する機能が追加。まるでバスに乗っているかのような視点で、空港や航空機を眺めることができます。

・突然のトラブルで滑走路が閉鎖するなど、プレイヤーの腕が試されます。タイミングを見極めて的確な指示を出すことが求められます。

登場する航空会社

JALグループ ANA ANA Cargo エアドゥ スカイマーク スターフライヤー ソラシドエア ジェットスター・ジャパン エアアジア・ジャパン アシアナ航空

シンガポール航空 キャセイパシフィック航空 タイガーエア台湾 タイ国際航空 チャイナエアライン 中国南方航空 フィリピン航空 フィンエアー




付属品




導入

PCにCDを入れる

オンラインIDが未取得な場合、テクノブレインサイトにて登録し、オンラインIDを発行(5〜10分 意外と面倒です)

オンラインIDとシリアルナンバーを入力しインストール・再起動(10分程度)

セットアップ完了

手順こそ難しくはないですが、そこそこ時間を取られてしまいます。

ステージ1

チュートリアルステージは、割愛します。

クリア条件 総合ランクC以上 レベル★☆☆☆☆

北風運用 スタート時はグラウンドと着陸便が各1便のみ

コメント

前半は離陸便をいくつか捌くのみ。

・終了5分前にAAR1030が遅延して到着するので、滑走路を18に変更すると良い。

・ANA8463はRWY36でタッチアンドゴー訓練を行う。

・GGT8468(ドリームリフター登場)

・28,000点を超えればA判定は取れる

ステージ2

クリア条件 総合ランクC以上 レベル★★☆☆☆ 9:00〜9:25

南風運用 スタート時はグラウンドと着陸便が各1便のみ  APPとDEPは担当外

コメント

まさかの出落ちがある。

・滑走路の上を見ると、鳥が沢山飛んでいる

・JAL1141とGH104のヘッドオンの可能性

・9:09頃 鳥の駆除作業(バードスイープ)が始まる。すぐ終わる。

・ドリームリフターが作業している。

・GH113とFIN61のヘッドオン注意

・CPA631をスムーズに離陸させないと、ANA1912が着陸態勢に入り、危険指数が上昇する

・SKY133 離陸位置変更で時間短縮 ただしANA732とのヘッドオン注意

・38,000点程度取ればA判定が取れる

ステージ3 攻略

★★☆☆☆ 8:00~8:30 南風運用 APPは管制対象外

総合ランクC以上がクリア条件

・JAL707便から鳥の群れが見えたと報告が有り、8:13から鳥の駆除開始となる。

・TBA B747-400登場

・JA528G離陸時にANA754が着陸態勢 1700ft程度であれば離陸指示を出しても問題ない。

・ANA741 離陸場所変更で時間短縮

・8:13にバードスイープのため滑走路閉鎖、視点を変えるとバードスイーパーの姿を確認できる

・8:17の段階でややグラウンドが忙しい GGT8045が出発準備整う

・GTA63 出発時点で遅延

・CSN425 SFJ81 JTA63 GGT8045 SNJ93の出発機が出発渋滞する着陸機2機も近づいてくる

・8:22駆除完了、滑走路オープン

・前方の離陸機が1500ftを超えてハンドオフから離陸指示

・SNJ93は離陸位置変更で時間短縮 ただし、離陸させるタイミングが難しい

・40,000点を超えるとB判定は取れる

ステージ4 攻略

★★★☆☆ 12:00~12:35 雨 北風運用 DEPは管制対象外

総合ランクC以上がクリア条件

序盤のステージにしては、難易度が高い。

誘導路が塞がれるのが地味に制約がキツく、誘導路指定を間違えると機体の身動きが取れなくなってしまう。

 

・テクノグラウンドサービス(GH102 B787-8)のトーイングカーが故障のため誘導路が一部使用不可能になる。

・GH332 JA5268 SKY132のヘッドオン注意

・JJP530とAAR1028の間隔注意

・JA526Bの離陸タイミングに注意 JJP530滑走路離脱後が無難

・PAL579のプッシュバックタイミング注意 離陸場所変更して時間短縮させる

・エアアジアジャパン、タイガーエア台湾登場

・CSN428は滑走路を最速で離脱させると遅延解消

・GGT8324とTTW212の間隔に注意。時間に余裕あるTTWを迂回させる 10マイルは間隔を空ける

・CAL351の離陸場所変更で時間短縮させる GGT8324が2000ft以上なら離陸させる TTW着陸前に離陸させる

・トーイングカーが復旧

・危険指数が15あっても、53,000点程度取ればA判定になる

ステージ5 攻略

★★★☆☆ 15:00~15:35 晴れ 南風運用→北風運用 DEL・DEPは管制対象外

総合ランクC以上・指定機(ドリームリフター)のタッチダウンがクリアの条件(普通に操作していれば問題なくクリアできる)

コメント

グラウンドはさほど難しくないが、着陸機の滑走路の指定や、離陸機のタイミングがとにかく難しい。

着陸機の最速離脱をさせないだけで命取りになる。

音声やグラフィックがとにかく細かいので、リプレイして是非見てみましょう。

 

・ANA745はTTW着陸前に離陸不可能・危険指数が10上がる SFJは進入ルート合流させないと危険指数が上がる

・テクノキャリア見学ツアー開始

ANA8418 RWY指定は36 遠回りルート変更 CSN438の後に着陸出来るように

・ADO114 RWY18着陸指定 必ず最速離脱→CSN438 RWY18着陸指定 必ず最速離脱(ADOとの間隔注意 できれば10マイル)→TBA2331 RWY36離陸指定で離陸 2機が着陸して滑走路を離脱するまで滑走路前待機(場合によってはANA8418着陸後に離陸)

・GGT8624のRWY着陸指定は36 ビジュアルアプローチまたは最速離脱させないと余裕が無い(着陸前によく見ると人が沢山居る、フラッシュがすごい笑)

・THA784(なるべくGGTと離しすぎないようにし、最速離脱させれば遅延しない)、SNJ96のRWY指定は36

・SUJ96を着陸させてから、AARとTBAを離陸させる。

・効率指数を86、55,000点を超えればB判定以上でクリア可能

ステージ6 攻略

★★★☆☆ 11:00~11:40 晴れ 南風運用

総合ランクC以上・指定機のTBA8632のタッチアンドゴー訓練終了がクリアの条件

TBAの訓練機がくせ者。着陸機が押し寄せ、離陸機もどんどん現れる。

小さなミスが命取りになるので気をつけてほしい。

 

・ドリームリフターが2機駐機

・SKY→WAJ→TTW(PALとのヘッドオン注意)の着陸順

・JJPはWAJ着陸後に離陸させる WAJとAARのヘッドオン注意

・ANA758 ビジュアルアプローチ許可

・TTWはTHA781がプッシュバックするまでスポットインできない

・ADO着陸後にPAL離陸 JAL703がプッシュバックするまでスポットインできない

・待機させたTTWやADOを忘れて放置してしまわないように

・PALは場合によっては遅延 高度制限解除で遅延解消。TBAのタッチアンドゴーの合間に離陸させる・中盤はグラウンドが混雑する よく考えて指示を出さないとヘッドオンになってしまう

・SNJをビジュアルアプローチさせる ただしTBAと接近してしまうので、上手に回避させる

・THAは高度制限解除すると遅延解消

・TBAとJA5529接近する。TBA側に左旋回をかけてかわすしかない

・効率指数93 危険指数10 トータルスコア67,000以上でAランクでクリアできる

・ただし、TBAの訓練終了時間は担当時間終了の30秒前になる

ステージ7 攻略

★★★★☆ 18:00~18:35 晴れ 南風運用 APPは管制対象外

総合ランクC以上・ランウェイチェックの完了がクリアの条件

前ステージより幾分簡単。

滑走路を閉鎖させるタイミングが一番重要なポイントとなる。

離陸機が重なって焦るが、ルート変更や高度制限解除で解消させてあげると良い。割り切る便も必要。

 

・TBA2324から滑走路上に異物があるとレポートがある

・ANA8401離陸後に滑走路に進入させる

・着陸のCPAと離陸のANAはUNJが退避してから操作する

・TWRとGRDがカオス状態になる

・ANA1913、CA353を離陸させ、FIN68を着陸させたら、滑走路検査再開 TTWは滑走路前待機

・出発機が続々登場する 我慢 18:21頃に異物発見 TTR離陸させたら再検査

・検査完了すると、PALが着陸 貯まっていた離陸機を続々と離陸させる

・WAJはルート変更で遅延解消 JTA61は仕方ない

・WAJ→JTA→TBA→THA の順に離陸させ、JAL→JA265Nの順に着陸

・効率指数 89 危険指数0 トータル65,000点以上でA判定は取れる

ステージ8 攻略

★★★★★ 19:00~19:30 晴れ 北風運用→南風運用

総合ランクC以上がクリア条件

・特別な条件は無いが、高判定でクリアしようと思うとかなり難しい

・特別イベントが有るわけではないが、どの便をどちらの滑走路を使うかが最大のポイント

・つまらないミス(ハンドオフ忘れ)での危険指数上昇に注意

・下記の操作方法は必ずしも最善とは限らないが、最低限ステージクリアは出来る

滑走路の動きと離着陸できる便

・滑走路は19:21:20分頃RWY18/36どちらもオープンされ、19:24:30にRWY36がクローズされる

どちらの向きも使える時間帯はわずか3分

【RWY36を離陸できる便】

JAL683

TBA2301

SNJ97

ANA707 離陸場所を変更すると遅延短縮

SIA779 JALとニアミスしそうだが、離陸後すぐ左旋回するので問題ない

これ以外の便はRWY36から離陸できない

【RWY36を着陸できる便】

CAP638

JAL694 最速離脱で遅延解消

JA528G

CSN432 19:22頃着陸 JAL708をRWY18に着陸させるため、最速離脱しないとJALが着陸復行する

これ以外の便はRWY36を着陸できない

【補足】

JAL708とSFJ86はビジュアルアプローチしても、ギリギリRWY36に着陸できない CAL352も間に合わない

CSN432はRWY18指定にし、最大限迂回させてもRWY18オープンより早く到着してしまう。よって36指定 19:22頃着陸

SFJ86の遅延はどうすることもできないので割り切る

それぞれの機体への指示を的確に行う

・JAL694、JA528G(ビジュアルアプローチ)はRWY36指定

・最初の7分は割と暇だが、中盤から着陸機が押し寄せてくる

・JAL708(少し迂回させる)、SFJ86の着陸RWYを18指定

・ANA707、SIA779の離陸RWYを36指定

・JTA67、JJP1511の離陸RWYを18指定

・ANA656の着陸RAY18指定 迂回させてSFJと距離を離す

・ANA706、CAL352の着陸を18指定 両機の間隔注意

・SFJは最悪着陸復行でもクリア可能

ステージ9 攻略

★★★☆☆ 16:00~16:35 晴れ 南風運用→北風運用 DEL・DEPは管制対象外

総合ランクC以上・GGT8624定刻スポットインがクリアの条件

「ぼくは航空管制官3 セントレア」で使われたBGMがリメイクされて登場

 

難しくないので、普通に管制していればクリアできる。

どちらかというと楽しむためのステージ。

ドリームリフター(テクノキャリア)の2回目のローパス時に離陸機と着陸機がそれぞれ1便居るので注意。

TBA2334とAAR1024の間隔注意

エクストラステージ1〜2

ノーマルモードとほぼ操作方法が同じのため、割愛します

エクストラステージ3 攻略

★★★☆☆ 8:008:30 南風運用

総合ランクC以上がクリア条件

写真中程左の黒いのが鳥。よく見ると細かい点も再現されている。

8:20分からの出発機の処理がミソ。ここを間違うとクリアできない。

中盤は遅延機のオンパレードで効率指数が大幅に下がるが、焦らずに出発機をさばいていこう。

 

基本的な操作方法はノーマルモードと同じ。

JAL707便から鳥の群れが見えたと報告が有り、8:13から鳥の駆除開始となる。

TBA B747-400登場

JA528G離陸時にANA754が着陸態勢 1700ft程度であれば離陸指示を出しても問題ない。

8:13にバードスイープのため滑走路閉鎖、視点を変えるとバードスイーパーの姿を確認できる

8:17の段階でややグラウンドが忙しい GGT8045が出発準備整う

SFJを先に離陸させる→CSN(何もしなくても遅延解消)→JTA→GGT(ルート変更で遅延解消)→SNJの順

JJPは最悪ゴーアラウンドでもクリアできる 

・トータルスコア50,000点以上、危険指数15以内であればA判定取れる

エクストラステージ4 攻略

★★★★☆ 12:00~12:35 雨 北風運用

総合ランクC以上がクリア条件 飛行機のタイムリミットや担当セクションの変更。

ノーマルモードより大幅に難易度が上がっている。

 

誘導路が塞がれるのが地味に制約がキツく、誘導路指定を間違えると機体の身動きが取れなくなってしまう。

高度制限解除は約5000ftを超えると可能

 

・ANA703 離陸位置変更で遅延解消 時間居余裕の無いSFJを先に離陸させる

・SKY132 ビジュアルアプローチ 最速離脱 GH332とのヘッドオン注意

・AAR1028 ビジュアルアプローチ

・JJP530 ビジュアルアプローチ

・JA526B 離陸地点変更 GH332とのヘッドオン注意 JJP着陸前に離陸させてしまっても良い。タイミングずれると危険指数上昇

・PAL579 離陸位置変更と高度制限解除で遅延解消させる CSNの滑走路離脱を待ってから離陸指示

・GH102 遅延扱いはどうする事も出来ない

・ADO104 CSN428 GGT8324 JAL1156が続々と遅延してアプローチしてくる。最速離脱で遅延を回復させるしかない。

・JAL1156はビジュアルアプローチさせるとGGTとニアミスするので、敢えてビジュアルアプローチをさせない方が良い。むしろ大きく迂回させて他の機体に近づけない方が良い。

・WAJ23 CSNとのヘッドオンに気をつけながら離陸場所を変更して離陸 高度制限解除で遅延解消 ADO着陸してから

・TTW212 時間に余裕が有るので迂回させる。何もしないとGGT8324とニアミスしてしまう。

・12:24分頃APPがやや混雑する。危険指数が上がらないように優先順位を考えて対処。

・WAJ CAL続いて離陸させる WAJはADOの前に離陸させると危険指数が上昇してしまうが、遅延は解消する

・60,000点取ればBランク以上でクリアできる

エクストラステージ5 攻略

★★★★☆ 15:0015:35 晴れ 南風運用→北風運用

総合ランクC以上・指定機(ドリームリフター)のタッチダウンがクリアの条件(普通に操作していれば問題なくクリアできる)

コメント

グラウンドはさほど難しくないが、着陸機の滑走路の指定や、離陸機のタイミングがとにかく難しい。

着陸機の最速離脱をさせないだけで命取りになる。

音声やグラフィックがとにかく細かいので、リプレイして是非見てみましょう。

・15:09の時点でどちらの向きも使える

・テクノキャリア見学ツアー開始 15:12 GGTもこのタイミングでビジュアルアプローチが可能 APP混雑する

ANA8418 RWY指定は36 遠回りルート変更 CSN438の後に着陸出来るように

・CSN438 滑走路変更無し ADOとの間隔に気をつける 必ず最速離脱

ADO114 RWY18着陸指定 必ず最速離脱CSN438 RWY18着陸指定 必ず最速離脱ADOとの間隔注意 できれば10マイル)→TBA2331 RWY36離陸指定で離陸 2機が着陸して滑走路を離脱するまで滑走路前待機(場合によってはANA8418着陸後に離陸)18から上げられるが、危険指数が上がる可能性大

GGT8624RWY着陸指定は36 ビジュアルアプローチまたは最速離脱させないと余裕が無い(着陸前によく見ると人が沢山居る、フラッシュがすごい笑)

THA784着陸指定36(なるべくGGTと離しすぎないようにし、最速離脱させれば遅延しない GGTの後ろに配置)、SNJ96RWY指定は36

SNJ96を着陸させてから、AARTBAを離陸させる。

・後半は無線がかなり混雑する。手際良くやらないと危険指数が上昇してしまう。

エクストラステージ6

★★★★☆ 11:0011:40 晴れ 南風運用

総合ランクC以上・指定機のTBA8632のタッチアンドゴー訓練終了がクリアの条件

TBAの訓練機がくせ者。着陸機が押し寄せ、離陸機もどんどん現れる。

小さなミスが命取りになるので気をつけてほしい。

基本的な操作はノーマルモードと変わらないが、遅延している機体が多い。

訓練機の4回目・5回目の前にそれぞれ1回左旋回させるのがミソ。

タッチアンドゴーの回数は5回

1回目のタッチアンドゴーの時刻 11:14

2回目のタッチアンドゴーの時刻 11:19

3回目のタッチアンドゴーの時刻 11:24

4回目のタッチアンドゴーの時刻 11:30(タッチアンドゴーの前に360度左旋回を1回させる JAL703とは高度が違うのでニアミスしない)

5回目のタッチアンドゴーの時刻 11:37(タッチアンドゴーの前に360度左旋回を1回させる JA5529の後にタッチアンドゴーさせる)

《タッチアンドゴー訓練終了》

具体的に気をつけるポイント

JJP1507 離陸位置を最短にして遅延を解消させる

SKYWAJTTWPALとのヘッドオン注意)→ADOの着陸順

JJPWAJ着陸前に離陸させないと遅延してしまう WAJは最速離脱必須

・TBA8632とADO102の間隔が狭いため、ADOを迂回させる

WAJAARのヘッドオン注意 AARも時間に余裕無いので、離陸位置で遅延を解消させる

・AAR1021の離陸タイミング注意 TTW着陸、最短離脱後すぐに離陸させる。高度制限解除で遅延解消。

PAL579は離陸位置を最短にし遅延解消させる

ANA758 ビジュアルアプローチ許可

TTWTHA781がプッシュバックするまでスポットインできない 時間の余裕がないので、すぐにプッシュバックさせてTTWをスポットイン 頑張っても5秒遅延する

・TBAの1回目のタッチアンドゴーの直後にPALを離陸、その後にADOが着陸するが、タイミングが少しでもずれると、危険指数が上がる

ADO着陸後にPAL離陸 JAL703がプッシュバックするまでスポットインできない

待機させたTTWADO忘れて放置してしまわないように

・TBA2回目のタッチアンドゴー訓練、直後にANA着陸 THA離陸後にTBA3回目のタッチアンドゴー、その後にJALが続く

PALは場合によっては遅延 高度制限解除で遅延解消。TBAのタッチアンドゴーの合間に離陸させる

中盤はグラウンドが混雑する よく考えて指示を出さないとヘッドオンになってしまう

SNJをビジュアルアプローチさせる ただしTBAと接近してしまうので、上手に回避させる

・TBA4回目のタッチアンドゴーの直後にSFJを離陸 SNJに追いつかれないように気をつける

TBAJA5529接近する。TBA側に左旋回をかけてかわすしかない

効率指数87あるいは93 危険指数10あるいは20 トータルスコア69,000あればAランクでクリアできる

小ネタ

TBA機胴体着陸 1回目の着陸時、ギアが開かない。

エクストラステージ8

★★★☆☆ 16:00~16:35 晴れ 南風運用→北風運用 DEL・DEPは管制対象外

総合ランクC以上・GGT8624定刻スポットインがクリアの条件

「ぼくは航空管制官3 セントレア」で使われたBGMがリメイクされて登場

 

難しくないので、普通に管制していればクリアできる。

どちらかというと楽しむためのステージ。

ドリームリフター(テクノキャリア)の2回目のローパス時に離陸機と着陸機がそれぞれ1便居るので注意。

TBA2334とAAR1024の間隔注意

エクストラステージ9

難易度が高くないため割愛します。

総評

結論から言うと、「買い」です!とてもおすすめできます。

過去作品の羽田や関空、福岡と比べてトラフィックの少ないので、難易度の低さを懸念していました。

しかし、序盤から難易度は決して低くありません。さらに、B747「ドリームリフター」を上手に登場させています。

初心者の方は、ステージをクリアするのに時間がかかってしまうと思います。

 

イベントが上手に盛り込まれており、プレイヤーを悩ませてくれます。

以下、細かい点について深く感想を述べたいと思います。

若干ネタバレも含まれますので、抵抗無い方は読み進めて下さい。

難易度

各ステージの難易度は高いです。

時間が無い方は、当ブログで攻略方法をまとめていますので、見ながら進めてみてください。

特に今回は、★3と設定されてはいるものの、全く★3とは思えない難易度のステージが有り、攻略にとても苦労しました。

「ぼく管4」では、定刻かどうかがとても重要になってきますので、時刻通りにスポットにねじ込むのか、諦めて迂回させるのか、非常に悩まされます。

 

特にランウェイチェンジが伴うステージでは、どちらの滑走路を選択してアプローチさせるのか、かなり迷う場面がいくつもありました。

前作との主な変更点

福岡空港より機体の間隔がシビア。しっかり間隔を空けないと危険指数が上がり、最悪はゴーアラウンドしてしまう。

・速度の変更が出来ない(迂回で充分かもしれないが、速度調整も出来ると良かった)

・遅延時のルート短縮がほとんど期待出来ない、これは仕方ない面もある

・旋回待機できない

ゲーム全般について

パズルゲームという位置づけではあるものの、あえてトラフィックを少なくし、プレイヤーが空港の情景を楽しんでもらえるように工夫されていました。

拡大すると、人の挙動や細かい描写がかなり工夫されていて、一度クリアしても、「もう一度やってみよう」といい気にさせてもらえます。

思わず笑ってしまう場面もありました。

操作性・BGM

前回以上に良く、機体は充分バラエティに富んでいました。

強いて言えば、実際のセントレアは、JAL、ANA、スカイマーク便の割合がそれなりに高いので、本作でももう少し近づいていたら、と思いました。

朝夕は沢山のプロペラ機が集まるセントレアでしたが、残念ながらプロペラ機の出番はあまりありませんでした。

BGMは、過去作の「3」と比べるとやはりもの足りず、「4過去作」の使い回しが有りました。

一方、最後のステージは「3のセントレア」のBGMをリメイクしており、とても良かったです。

滑走路は、1度選択すると変更できないので、間違うと最初からリプレイしてやり直さなければならない点が残念。

惜しかった点

難易度が高く、全体的に満足ですが、「こうすればもっと良くなるのではないか」といった点をまとめます。

 

便の少なさは、滑走路や誘導路の閉鎖で難易度を上げていますが、福岡の時のように、流れに逆行する障害物が少なかったので、グランドハンドリングをもう少し配置すれば、さらに難易度が上がったかもしれません。

セントレアは、スポットがそれなりに多い空港ですが、多くのスポットが形だけで殆ど使われていない点が残念でした。

災害等で本来他の空港が目的地の飛行機がセントレアに押し寄せてスポットの殆どが埋まってしまうイベントが有っても面白いのではないかと思います。

「ぼく官3 香港啓徳」のように、1ステージで風向きが2回変わってしまったり、「伊丹」のようにテクノエア機がもっと悪さする手も有ったと思います。

 

現状の「ぼく管4」はエクストラステージを含め、1・2週してしまうとやる事が無くなってしまうのが弱みですので、

「自分自身でシナリオを作る楽しさ」等、新たな機能を追加してもいいのかな、と思います。

空港の完成度はかなり高いので、これを活かしてネットDL版の追加シナリオがいつかリリースされたらな、と思います。

かなり外国機のバリエーションが増えてきたので、成田空港がそろそろ出てくるかな~と、次回作も楽しみにしたいと思います。

まとめ

良かった点

・ステージ6とステージ8がとにかく難しい

・細かい描写や音声が凝っており面白かった

・視点が多く、リアルでは絶対見れない角度で飛行機を眺める事が出来る

・序盤のステージでも、ミスをするとヘッドオンやニアミスに繋がる

惜しかった点

・パイロットの視点が有っても良い

・16倍速の早送りが欲しい あとは、ミスをしても、時間指定してリスタートできると便利 特に長い時間帯のステージだと、早送りしても数分のロスが発生する

・速やかに指示しないとA2から離脱してしまい、1便のせいで滑走路が長時間塞がってしまう これは敢えてなのかもしれませんが

・殆どの天気が晴れ、様々なパターンが有っても良かった