ドイツで無賃乗車認定をされると、罰金60€(ユーロ)が請求される

ドイツの鉄道システムは非常に複雑で、少し間違えると高額な罰金を請求されることで有名です。

日本の鉄道の要領で利用してしまうと、酷い目に遭ってしまいます。

ドイツの鉄道網はかなり発達していて、上手に使いこなさればとても便利ですが、一歩間違えてしまうと、とても嫌な思い出になってしまいます。

うっかりやってしまって罰金を請求されてしまう日本人は少なくないようです。

 

・区間の間違い、乗り越しは無賃乗車と見なされる

・身分証明書(ID・パスポート)の不携帯は最悪の事態を招く

・乗車券の打刻を忘れる

 

ドイツのルールでは、「乗車券は、乗車前に目的地までの切符を購入し、乗車前に打刻を行う」ことが絶対です。

うっかり乗り越し、あるいは別の区間を乗ってしまった場合は、かなり危険な状態です。

自ら申告しようものなら、「問答無用!60€払え!」と言われ、罰金を請求されてしまいます。

特にやりがちなのは、機械で日付を打刻しないこと。

乗車券を買えば良いだろうと思って油断していると、やってしまいがちなのがこれです。

「外国人だから、観光客だから」といった理由はヨーロッパでは通用せず、見逃してもらえると期待しない方が良いでしょう。

もし、見逃してもらえたとしたら、相当運が良かったと思うべきです。

 

さて、ドイツの鉄道は自動改札も無く、大半の駅は無人なのですが、どうやって無札あるいは乗り越しがばれるのかをお話しします。

また、ドイツに限らず、ヨーロッパ全体であり得ることと認識しておくと間違いないでしょう。

ドイツの鉄道は検札(車内改札)はどのようにして行われるか?

ドイツの鉄道は、

 

・車掌が乗っており、適当なタイミングで検札しにくる

・検札専門の部隊(大抵2~4人)が折り、途中駅から突然乗ってくる

のどちらかのパターンが多いです。

 

「どうせそんなの稀でしょ?通勤ラッシュ時間なんて来ないんじゃないの?」って思いますよね。

甘いです。

通勤ラッシュだろうが、どれだけ混雑していようが、検札部隊はやってきます。

それはもう乗員隅々の乗車券をチェックしていきます。

 

区間や路線が決まっていませんが、特急系統だと駅間が長い区間で車掌がチェックしにくることが多く、

通勤列車の場合は、終点の6駅ほど手前から乗り込み、終点の2駅手前で折り、上り下り列車を巡回しているようです。

経験上5回に1回は検札に遭遇するので、

「自動改札ないしちゃっかりタダで乗っちゃおう」と出来心で乗ってしまい、

運悪く検札に遭遇してしまうと、8,000円近く(かつては40€でした)徴収されてしまうので、リスクの大きさを考えると割にあいません。

 

また、乗車区間にもドイツの鉄道は厳しいので、事前にどの切符でどの列車を乗るかは調べておいたほうが良いでしょう。

また、ごく稀に偽物の係員が罰金を徴収する事件が起こりますが、基本的に罰金は振込で、現金やクレジットカードで支払うケースは今所きいたことが有りません。




不正乗車が見つかるとどうなるか

不正乗車が見つかると、パスポートの提示を求められます。

パスポートをホテルに置いてきた、盗まれた等の理由で提示出来なかった場合はもう最悪です。

強制降車に留まらず然るべき所へ連れて行かれる危険さえあります。

パスポートの氏名や生年月日を確認され、日本でいう交通取り締まりを行う警察官が持っているような端末に情報を入力され、

コールセンターに連絡しろ、あるいはこの用紙で銀行で罰金を振り込め、と指示がされます。

 

日本からの送金手数料は数千円単位になることが予想されるため、送金する場合はドイツに滞在している段階で行うのが無難です。

この罰金を納付しなくなるとどうなるか、といったことは前例がないのでわかりませんが、

ヨーロッパ周辺地域在住者の場合、日本の交通違反のように催促がくるケースもあるようです。

さすがに手間やコストがかかるので、日本にまで督促が来るとは思えませし、罰金が未納でEU圏を出国出来ない、までは考えにくいですが、

8,000円を踏み倒して後日になって追求されたり、EU圏の入国を拒否されると面白くないですから、事故でも納めることを推奨します。

 

上記の注意事項を良く読み、乗車券をしっかり用意することが望ましいですが、パスポートが無いことだけは本当に洒落にならなくなってしまうので、パスポートだけは絶対に携帯し、無くさないようにしましょう。




空港到着直前に罰金300€を徴収される韓国人家族

ミュンヘン中央駅から空港に向かう列車。

車内は大きい荷物を持つ人々で混雑していましたが、空港に近づくにつれて徐々に空きはじめます。

空港まであと5駅になったところで、4人の検札部隊が乗車してきます。

次々と乗客の乗車券をスキャンしていきましたが、近くで揉め事が発生しました。

 

観光で来たと思われる5人の韓国人(と思われる)ファミリーが、有効な乗車券を持っていながらも、打刻を忘れてしまい、強面お父さんが検札官の40代位の女性に猛抗議。

女性もものすごい剣幕で罰金を支払うように言いますが、電話でチームメンバーを呼び出し、韓国人お父さんは5人の検札部隊に囲まれる。

さすがにこれには観念したのか、渋々と5人分の罰金の振り込み用紙(60€×5人=300€)を受け取り、検札部隊は終点の2つ手前の駅で降りて行きました。

近くでみていた私も、人ごとではなく、海外旅行では日本のルールや慣習が通用しないということを改めて学びました。

「これから帰るぞー」と思って空港直前になって4万円近くの罰金を支払っては、せっかくの旅行も台無しになってしまうので、皆さんもどうか気をつけて下さい。