香港と広州を結ぶ高速鉄道が全線開通

香港と広州を結ぶ高速鉄道の廣深港高速鐵路の香港側が9月23日に開通することが決まりました。

当初は2015年に開通予定でしたが、工事の遅延で大幅に開通がずれ込み、中国側は2015年12月に運行を始めものの、香港側が約3年遅れてようやく全面開通となります。

廣深港高速鐵路は香港の西九龍駅(West Kowloon Station)から深セン福田などを経由して広州南駅結ぶ高速鉄道で、その先の北京までもつながる中国高速鉄道網の一部です。

これまでの香港〜深セン間は地下鉄や高速バスが主流

現在の羅胡(Lo Wu)経由の路線では、香港-深センは49分香港-広州東駅は2時間かかりますが、開通後は香港-深セン福田が14分香港-深セン北駅で23分香港-広州南駅で48分と所要時間が一気に短縮されます。

また、北京-香港間は23時間から8時間になります。

運行本数

香港-深センは15分に1本、香港-広州は30分に1本の頻度で運行する予定です。

列車は8両編成で、先頭と最後の車両は日本の「グリーン車」のような車両で、間の2号車~7号車は普通車で計511席。7号車のみにトイレが付いています。

全ての座席に電源が付きます。

その他

 入出国審査は香港側の駅に香港と中国の税関の両方を設けておりましたが、今後は香港側の1カ所で行い、中国側の公安職員が香港内で仕事をすることが確定しています。

料金は、西九龍から深セン福田は80香港ドル、深セン北が90香港ドル、広州南が260香港ドルを予定しています。

羅胡(Lo Wu)経由の入国審査の様子